あおぞらネットワーク
粒子状物質減少装置低公害車メーカー車種指定低公害車大気環境エコドライブ

 低公害車

日本の自動車保有台数は8000万台ですが普通車と軽自動車を合わせるだけで7000万台を占め国民による利用率が顕著です。
自動車は便利で必要不可欠ですが、大気汚染や騒音など生活環境に配慮しなければなりません。
大気中の窒素酸化物の50%は自動車から排出されています。
大気汚染を改善するには自動車から排出する窒素酸化物等を削減する必要があります。
都道府県や各市では自動車の公害対策一環として低公害車の制度を設けています。
電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ハイブリッド自動車のみに関わらず、ガソリン自動車、LPG自動車、ディーゼル自動車など、窒素酸化物等の排出量が少ない低公害な自動車を指定しています。
また各機関により、低公害車指定自動車には、低公害車証を発行貼付しています。